fc2ブログ

◆一つ一つ

急いでいる気持ちのときほど、一つ一つ しっかりと地に足を付けてやっていかないと・・・・。って思っています。
こつこつ 慌てないで 製作しています。

8月にお友達と一緒に 折型のお教室に行ったので、その時習ったお熨斗をデザインに早速取り入れてみました♪
このデザインは七宝つなぎをあしらって、おめでたいデザインのものばかりを集めてみました。

美しいお茶入れになりました。
ピンクの方は 内側から金赤・・グリーンなのですが、見た目の優しさや雅な印象ですが これが サンドブラストで彫るときには いやいや とても難しいのです。
ほんの少し 深めに彫ると の被せが薄く 穴が開いたようになってしまいます。
滑らかに見えるように 注意深く彫ります。

お棗も残すところ 後 2~3個になりました。

そして、ミラーのランプ台も製作中です。


このガラスとミラー(2枚彫ります)の 難しいところは、真ん中に穴を開けるとこ。
サンドブラストで開けます。
私のブラスト機は 循環式なのです。
ブラスト機は直圧式と循環式があり、直圧式は力が強いのですが 循環式は比べると弱いのね。


厚みが5ミリのガラスとミラーです。

やっとのことで、穴を開けたところです。
こっちはガラス板。
ミラー板も彫ります。同じように穴を開けまする。
サンドブラストした後は リューターで整えます。

このミラー台 2台作るのです。
あと少しで お棗20個出来上がるので お次はミラー台と 新作です。
次回は新作のお話をできるかな?

 クリックしてね 忘れないでね→→→      https://art.blogmura.com/glassart/  



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

reiko

Author:reiko
サンドブラスト技法を中心にしたガラス作家です。
ガラス作家の日常を面白おかしく書いています。
どうぞ宜しくお願い致します。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR