fc2ブログ

◆ランプ製作に時間がかかる訳

来週の火曜日から調布工芸美術協会の秋の工芸美術展があります。
(いえ…個展前なので おおっぴらに告知していません)
その展示に間に合わせようと、今 ランプを製作しています。
あは・・・ずっと前に 展示作品のリストを協会に提出してしまっているのです。
 
いいんです。
この修羅場・・・覚悟の上ですから(な~んて強がってみる)
でもね、ランプって本当に時間がかかるのです。
 
何故か?
それは、まず大きいでしょ。
そこへ加え ガラスが硬い+被せが厚い+多層被せ の四重苦だからなんです。
私の場合
地彫り(・・・柄部分を残して その他の部分を全部 削り落します)は 各色ガラスの層ごとに削って行きます。

このランプ 一番外側はグリーンでした。
まず、そのグリーンを全て削ると、今度は黄色の層が出て来ます。
で黄色の下は、(白の不透明)。その下が透明層のガラスです。
↑この画像は の層を落としているところ。
黄色が少し残っています。

こちらは の層を削ったところです。
柄部分の茎のところを見ると 高さが分かります。また、ガラスの色の層も見えるかな?
今はこんなに高さがありますけれど、これから デザインに沿って色を削って行くので 出来上がったらさほど高さは感じないと思います。
ここまで彫ると ゴムシートではない普通のシートは でろでろに溶けかかっています。
灰色のがゴムシート、薄いグリーンのものが普通のシートです。
溶けたところはシートを新たに足して修整しておかないと、形が崩れたまま彫れてしまいます。これにも時間がかかりますね。
 
ここまでに数日間 朝から晩までビッシリ 彫り続けています。
今日は暑かったので、軽い熱中症みたいになってしまいました。工房は30度超えていました。
 
あんまり くらくらするので、軽い物で気分転換。

シャンデリア・パーツのクリスタルです。実物より画像の方がかなり大きいです(笑)
多面カットを施してあるので キラキラして綺麗です♪
こちらは個展用です。
明日 スタッフと会うので、ちょっと個展の軽い打ち合わせなどしようかと思って 創りました。
この作品を見せて 反応を聞きたいので・・・。
 
いつも個展のときは、テーマを考えて それに沿った展示にしつらえます。
そうでないと、作品を並べただけになってしまい 何度も来て下さっているお客様に『また、同じような作品』と思われてしまいます。
私のお客様方は リピーターの方が多く来て下さいますので。
 
そんなことや、差し迫った展示の締め切りや 作品リストの締め切り。
ぎゃ~~っ!(笑)
寝ている時間がありません~。でもね、ちゃんと寝ます。体を壊したら 却って時間が無くなること分かっていますもの。大丈夫ですから 多分ね(笑)
 
デザインは次から次と浮かんでくるのですが、実際の時間が1日24時間しか無いので困っちゃう~!
ぽちっと応援お願い致します~♪こちらです→   https://art.blogmura.com/glassart/
 
 
 
スポンサーサイト



コメント

No title

三鷹に住んでいるのですが、調布で作品展があるんですね~。
繊細な柄だけど、力仕事なのかなぁ? どんなランプができあがるのか
実物を見てみたくなっちゃいました。がんばってください☆ポッチ

No title

mokoさん

ぽち ありがとうございます♪

調布のたづくり 中2階南北ギャラリーで10月19日から24日まで展示があります。
『調布市民文化祭・工芸美術展』

よろしかったら 是非 覗いて下さいませ。
ランプが出来上がりましたら また アップしますね♪
非公開コメント

プロフィール

reiko

Author:reiko
サンドブラスト技法を中心にしたガラス作家です。
ガラス作家の日常を面白おかしく書いています。
どうぞ宜しくお願い致します。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR